インターネット上にあるさまざまなネットサービスの中から、厳選したものをご紹介しています。

プログラミングやアプリ開発を学べるオンラインスクール

プログラミングやアプリ開発を学べるオンラインスクールTechAcademyは、短期間で未経験からプロを育てるオンラインブートキャンプです。現役エンジニアのサポートと独自の学習システムで短期間で成長することが出来ます。

1人では続かない方のためのパーソナルメンターがつくプログラミングブートキャンプで、週2回マンツーマンでのメンタリング、毎日15〜23時のチャット・レビューサポートで短期間で未経験からオリジナルサービスを開発できるようになる学習プログラムとなっています。

未経験者でも短期間でITスキルを身に付ける集中研修

Webエンジニアとして活躍したい社会人の方や時間と場所にとらわれない働き方をしたい方、Webサービスを開発して起業したい方などのためにはWebアプリケーションコース。Webデザイナーを志望する社会人・学生の方、Webデザインのスキルアップを考えている方、デザインはわからないというエンジニアの方などのためにはWebデザインコース。iOSエンジニアとして活躍したい社会人の方iPhoneアプリを開発して起業したい方などには、iPhoneアプリコース。

他にもITスキルを身に着けるためのコースがあり、どれも未経験者でも短期間でスキルを身に着けることが可能です。

未経験者でも短期間でITスキルを身に付ける集中研修

家庭教師に悩んだら:今日から家庭教師

家庭教師を派遣する家庭教師センターにはさまざまな業者や形態があります。家庭教師センターの規模でも、全国展開している大手の家庭教師センターから、地域密着型で派遣地域を限定したセンターも数多くあります。また、派遣される教師も家庭教師を専門職としているプロの家庭教師から学生がアルバイトで行う学生教師までさまざまです。

家庭教師センターにはそのサービス内容などによっていくつかに分けることができます。家庭教師の派遣窓口であり指導の管理まで行うセンター、家庭教師を派遣または紹介するのみの仲介業務に特化した家庭教師センター、主に教材販売を目的とした業者といったものがあり、ほかにネット上だけで家庭教師の指名や依頼ができる家庭教師のマッチングサイトなどがあります。

家庭教師にはプロもいます

派遣される教師がプロの家庭教師なのかアルバイトの学生教師となるかは、家庭教師センターによって異なります。センターによっては教師が全員学生の事もあり、逆にプロの家庭教師のみを派遣する家庭教師センターもあります。また、大手のセンターではプロの教師か学生の教師かを指定できる場合もあります。

家庭教師は各学年に応じた勉強を教えるほかに、中学受験などの具体的な目標に向かった勉強を教えたり、不登校や引きこもりの児童や生徒に勉強を教えたりサポートしたりするコースを持つ家庭教師センターもあります。

今日から家庭教師

全国の看護学校を一覧で比較紹介

看護師になろうと考えている人に見てほしいサイト

看護師として働くには国家資格である「看護師免許」の取得が必要です。看護師免許を取得するには看護師の国家試験に合格しなければなりません。

看護師の国家試験を受けるには看護師としての専門教育課程のある学校で学び受験資格を取得し看護師試験を受けます。しかし、看護師になるための学校には、短大の看護学科、大学の看護学科、看護専門学校、高校一貫校などさまざまな学校があります。また、まず准看護師の免許を取得してその後改めて看護師免許を取得する道もあります。

中学校を卒業して高校一貫校(5年)に通うことが、看護師免許を取得する最短のルートとなります。逆に、看護専門学校には社会人経験のある人を受け入れている学校も多く、看護師や医療とは全く関係のない職業を経験した人でも、改めて看護師を目指すことが出来ます。

進路を決める参考に

看護師になろうと考えた際に、いろいろな選択肢があり、また、どの時点で看護師の学校に進むのかも、中学校卒業時、高校卒業時、社会人を経験してから、など、さまざまな方法が可能です。学校によっては条件次第で学費が免除となる奨学金制度があったり、格安の費用で生活できる学生寮がある場合もあります。

日本中の看護学校を掲載:全国看護学校一覧

太陽光発電とオール電化の紹介サイト

今からでも間に合う太陽光投資

平成23年に発生した東日本大震災の影響による電力問題をきっかけに、平成24年から始まった再生可能エネルギーによる電力の買取り制度(固定価格買取制度:FIT)によって急速に太陽光発電システムが普及しました。また、固定価格買取制度での電力の買取単価が高いため、家庭での太陽光発電システムだけではなく、発電事業として太陽光発電システムを設置する事業者も増えました。

その後、固定価格買取制度での電力の買取単価が毎年見直され買取単価が下がったことなどにより、特に事業用の10kW以上の太陽光発電システムにおいては以前ほどの利幅は見込めなくなっています。

設置費用が大幅に下落

しかし、急速に太陽光発電システムが普及したことで国内メーカーの太陽光パネル価格が下落しただけでなく、日本国内での需要を見込んで海外の安いパネルメーカーや架台メーカーが続々と日本の市場に参入したことで、太陽光発電システムの設置価格が大幅に下がっています。このため、固定価格買取制度が始まった頃よりも、大幅に低い初期費用で太陽光発電システムが設置できるようになっています。10kW以上の産業用の太陽光発電システムでこれから事業として発電を開始しても、まだ十分に利益が見込る状況となっているのです。

オール電化製品の紹介も

太陽光発電とオール電化の紹介サイトPV-solarlife.comでは、太陽光発電システム設置の際の費用目安や、見込める売電量、実際に設置している太陽光発電システムの発電量の紹介など、太陽光発電に関することを詳しく紹介しています。

また、太陽光発電システムに関することだけではなく、IHクッキングヒーターやエコキュートなどのオール電化製品についても紹介しています。

太陽光発電とオール電化の紹介サイトPV-solarlife.com